2007年09月20日

祖谷(いや)の粉(こ)ひき唄

♪祖谷のかずら橋ゃ 蜘蛛の巣〈ゆ〉の如く
  風も吹かんのに ゆらゆらと
 吹かんのに 吹かんのに 風も
  風も吹かんのに ゆらゆらと

♪祖谷のかずら橋ゃ ゆらゆら ゆれど
  主と手を引きゃ 怖くない
 手を引きゃ 手を引きゃ 主と
  主と手を引きゃ 怖くない

♪祖谷の源内さんは 稗の粉〈ひのこ?〉むせた
  お茶がなかったら むせ死ぬる
 なかったら なかったら お茶が
  お茶がなかったら むせ死ぬる

♪祖谷のかずら橋ゃ 様となら渡る
  落ちて死んでも もろともに
 死んでも 死んでも 落ちて
  落ちて死んでも もろともに

♪粉ひき婆さん お年はいくつ
  わたしゃひき木と うない歳
 ひき木と ひき木と わたしゃ
  わたしゃ ひき木と うない歳
★「うない歳」は「同い年」。多分、方言かと


***** 私見 *****
物悲しいメロディの曲です。
歌詞にでてくる「かずら橋」ですが、本物の橋を見たことはないのですが・・・ちゃんと現存しています。ほっそいつり橋で、ほんとうにゆぅらゆぅらゆれるし、下は見えるしって橋のようです。
一度行って見たい!
でも・・・なんで「粉ひき唄」?作業唄には思えないしと思って探してみました。
この地方は、かなり偏狭にあるようで、平家の落人伝説もあるそうです。で、この地方の作物が、稗や粟、とうもろこしなど。それを夜なべして女性たちが粉をひいており、夜なので眠気覚ましに唄ったとか。んで、女性たちの作業ですから、どうも恋の噂なんかを唄ったのではないでしょうかね。
まぁ、おばあさんが若いときの話をしたりとか・・・


posted by 晃両 at 12:50| 埼玉 ☁| 徳島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

淡海節

♪船をひきあげ 漁師は帰る
  後に残るのは 櫓と櫂
 波の音 ヨイショコショ 浜の松風

♪春が来たので 麓は桜
  峰の白雪 比良の山
 昇る朝日に ヨイショコショ ほがらかに聞く鶏の声

♪秋が来たので 燕は帰る
  後に残るのは 萩 桔梗
 月がさす ヨイショコショ 虫の鳴く声

♪去年見たときゃ 矢絣 島田
  今年見たときゃ 丸髷で
 来年は ヨイショコショ やや抱いて嬉かろ

♪時間が来たので 舞妓は帰る
  後に残るのは 差し向かい
 口説きに ヨイショコショ 燗冷ましの徳利


♪想い焦がれて 待つ身の辛さ
  主の声かと 走り出て
 耳を澄ませば ヨイショコショ 情け知らずの風の音

★馬子唄の入る歌詞があります・・・多分、次の2つのうちどちらかだと思いますが・・・
♪手綱ゆるめて 花の路帰りゃ
  鈴に浮かれて 勇む駒
 花が散る ヨイショコショ 里の夕暮

♪あおよ啼くなよ もう家ゃ近い
  森の中から 灯が見える
 花が散る ヨイショコショ 里の夕暮


***** 私見 *****
俗曲調のお座敷唄で喜劇俳優 志賀迺家淡海 が作ったといわれています。(って、なんて読むんだろう?)
おいらは、成世昌平さんの歌う淡海節が結構好きです。この方、いろんなアレンジをされて唄っておられます。馬子唄入りは佐藤松子さんだったかな?

五つ目の歌詞は、なんとも色っぽいですな。
お座敷というところは、はじめは舞妓さんやら地方(三味線や太鼓)さんなど何人もつくのでしょうがだんだんと退けていって、芸妓さんとたった2人で差し向かい・・・
うーん、こういう色っぽい歌詞、色っぽく歌えると気持ちいいでしょうねぇ。
posted by 晃両 at 12:52| 埼玉 🌁| 滋賀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

秩父ざんざ

♪山は紫 鶯鳴いて(コノザーンザ)
  秩父よいとこ まったく機どころ(コリャ トモ ヨーホホイ)

♪もずが高鳴く 秋晴れ日和
  庭の夜具地〈やぐち〉が またっくよく乾く

♪青い月夜に すいとが鳴いて
  夜機〈よばた〉織ってる まったく筬の音

♪一杼一筬 心を込めて
  主に着せたい まったく秩父縞
★一日から一杼へ修正しました。


♪秩父よいとこ 山紫に
  匂う谷間で まったく布晒し


*****私見*****
秩父音頭と対照的に少し落ち着いた唄です。
秩父の名産である銘仙(織物)の作業唄のようで、鶯とかもずとかすいと(虫の名前)と自然の風景が盛り込まれていて、なかなか情緒ある歌詞だと思います。
自然の風景を眺めながら、また自然のさまざまな音を聞きながら、心を込めて機をおる・・・そんな風景が秩父では良く見られたのかもしれません。
posted by 晃両 at 23:39| 埼玉 ☔| 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

長崎ぶらぶら節

♪長崎名物 紙蔦揚げ〈はたあげ〉盆祭り
  秋はお諏訪のシャギリで 氏子がぶらぶら
 ぶらりぶらりと言うたもんだいちゅう

♪遊びに行くなら 花月か中の茶屋
  梅園裏門叩いて 丸山ぶらぶら
 ぶらりぶらりと言うたもんだいちゅう

♪梅園太鼓に びっくり目を覚まし
  必ず忘れぬように また来てくだしゃんせ
 しゃんせしゃんせと言うたもんだいちゅう

♪紙蔦揚げするなら 金毘羅〈こんぴら〉風頭〈かざがしら〉
  帰りは一杯機嫌で 瓢箪ぶらぶら
 ぶらりぶらりと言うたもんだいちゅう

♪今年ゃ十三月 肥前さんの番代わり
  城ヶ島に見物がてらに オロシャがぶらぶら
 ぶらりぶらりと言うたもんだいちゅう

♪嘉永七年 きのゑの寅の年
  まず明けまして 年頭のご祝儀 一杯屠蘇機嫌
 酔うた酔うたと いうたもんだいちゅう

♪沖の台場は 伊王と城ヶ島
  入りくる黒船は すっぽんすっぽん
 大砲〈おおづつ〉小砲〈こづつ〉を 鳴らしたもんだいちゅう

♪大井出町の橋の上で 子供のはた喧嘩
  世話町が五、六町ばかりも 二、三日ぶうらぶら
 ぶらりぶらりと いうたもんだいちゅう

♪ぽん袴 あちゃさん底抜け盆まつり
  豚の土産で 二、三日ぶうらぶら
 ぶらりぶらりと いうたもんだいちゅう

♪正月十七日は 岩屋に駆け登り
  げんべに打たれて 味噌漬けぶうらぶら
 ぶらりぶらりと いうたもんだいちゅう

♪時計作りの儀右衛門さんは 黒船ば曳き揚げた
  からくり仕掛けで みごと曳き揚げた
 みごと見事と いうたもんだいちゅう

♪紺屋町の花屋は 上野の向い角
  弥生花〈やよいばな〉三十二文で 安いもんだいちゅう
 安い安いと いうたもんだいちゅう

♪紺屋町の上野は 花屋の向い角
  夕方にゃあんねどんが 酒ダルぶうらぶら
 ぶらりぶらりと いうたもんだいちゅう

♪あそびにいくなら 花月にかぎります
  醒ガ井さんの手をひきながら 丸山ぶうらぶら
 ぶらりぶらりと いうたもんだいちゅう

♪主のあるのに 欲をして
  命替わりにそがれた鼻柱
 相手お医者で つがれたもんだいちゅう

♪しののめの 別れにしっかと抱きしめて
  忘れぬようにまたきてくだしゃんせ
 しゃんせしゃんせと いうたもんだいちゅう

♪梅園太鼓に びっくり目をさまし
  朝の帰りにぬれまら ぶうらぶら
 ぶらりぶらりと いうたもんだいちゅう

♪あすこの おっかつぁんは たいそうよかばってん
  ほんに あんげんしとって 横道者〈おおどもん〉ばいの
 おおど おおどと いうたもんだいちゅう

♪あんたのしゃんすは じんべん 来たばいな
  よかばの おすばんばっかりと いうたもんだいちゅう
 すばん すばんと いうたもんだいちゅう

♪長崎なまりは そんげんあんしやまたち
  すらごといいますなと いうたもんだいちゅう
 いうた いうたと いうたもんだいちゅう

♪ゆうれん 片下駄 あちゃさん商売帰りゃ
  一杯機嫌で きんたまぶうらぶら
 ぶらりぶらりと いうたもんだいちゅう

♪すき戸のあいだから のぞいてながむれば
  思いがとどいて顔のやせ
 どうして一度はそいたいもんだいちゅう

♪うしろからかつぎをかぶって 抱きつく五郎丸
  これ何者ぢゃとまたぐらさぐれば きんたまぶうらぶら
 ぶらりぶらりと いうたもんだいちゅう

♪長崎見るなら 出島の夕げしき
  おひげのカピタン パイプくわえて ぶらぶら
 ぶらりぶらりと いうたもんだいちゅう

♪お諏訪のお祭り 傘鉾もってこい
  シャギリで踊れば 大蛇のしっぽがぶらぶら
 ぶらりぶらりと いうたもんだいちゅう

♪ダンダラのぼれば 港がよく見える
  唐人船やら オランダ船やらぶうらぶら
 ぶらりぶらりと いうたもんだいちゅう

♪名物旗上げ 見るなら唐八景
  勝っても負けても みなよか機嫌でぶうらぶら
 ぶらりぶらりと いうたもんだいちゅう

♪長崎よか街 石段石だたみ
  眼鏡の石橋 ふたりでわたってぶうらぶら
 ぶらりぶらりと いうたもんだいちゅう

♪行こうか丸山 戻ろか思案橋
  あの妓にゃ逢いたし 財布は軽いしぶうらぶら
 ぶらりぶらりと いうたもんだいちゅう

♪精霊流しの 大波止ドラが鳴る
  お船の燈籠が 夜空に吹かれてぶうらぶら
 ぶらりぶらりと いうたもんだいちゅう


*****私見*****
吉永小百合さんが主演した映画(原作はなかにし礼氏の小節だったと思います)で有名になりましたね。
起源は永和年間にはやった豊年歌の「やだちう節」だそうで、江戸から名古屋などで流行っていた歌だそうです。それが長崎港に伝わりお座敷で洗練されたようです。

長崎の名物、風俗、歴史的な出来事、庶民の生活、いろんなものを題材にしていろんな歌詞が作られたようです。
お祭りの様子を歌っている歌詞もあれば、遊女の心情を歌ったものもあり、結構ごちゃまぜで統一性はあまりないように思います。

お座敷唄で女性が唄う事が多いようです。
自分が芸者になったつもりで粋に唄うといいかもしれないと思うのですが・・・色気を出すのはなかなかむずかしい。
posted by 晃両 at 13:35| 埼玉 ☀| 長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

天竜下れば
作詞:長田幹彦 作曲:中山晋平

♪はぁ 天竜下れば ヨーホホイノサッサ しぶきに濡れてよ
  咲いた皐月に えぇ 咲いた皐月に 虹の橋
 ほんに あれはサノ 虹の橋

♪はぁ 伊那の夕空 ヨーホホイノサッサ あの片時雨よ
  明日は下りじゃ えぇ 明日は下りじゃ 笠欲しや
 ほんに あれはサノ 笠欲しや

♪はぁ 筏つないだ ヨーホホイノサッサ 藤づるさえもよ
  切れりゃ気になる えぇ 切れりゃ気になる 夫婦岩〈みょうといわ〉
 ほんに あれはサノ 夫婦岩


*****私見*****
舟下りをテーマに作られた新民謡で、なかなか情緒のあるというかちょっと歌謡曲風な感じがします。初めて聞いたときは、えっ?これって民謡?と思っちゃいました。でも、三味線がよく似合う曲ですね。ただ、伴奏するのも歌うのもちょっと難しいです。リズムが独特というか・・・
posted by 晃両 at 12:54| 埼玉 ☁| 長野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

草津節(正調草津節、ドッコイショ節)

♪草津よいとこ 一度はおいで(ハァ ドッコイショ)
  お湯の中にもこりゃ 花が咲くよ(チョイナ チョイナ)

♪春はうれしや 降る淡雪に
  浮いた姿がこりゃ 目に残るよ

♪草津よいとこ もみじの名所
  紅の流るるこりゃ お湯の川よ

♪明けりゃ湯煙 暮れれば湯もや
  草津の町こりゃ 湯のかおりよ

♪朝の湯煙 夕べの湯もや
  草津は湯の町こりゃ 夢の町よ

♪草津恋しと 幾山こえて
  合いに来たかよこりゃ 山ツバメよ

♪錦織り成す 野末をみれば
  晴れた浅間にこりゃ 煙り立つよ

♪忘れしゃんすな 草津の道を
  南浅間にこりゃ 西白根よ

♪草津名物 もみじにつつじ
  可愛いすずらんこりゃ ホトトギスよ

♪お医者様でも 草津の湯でも
  ほれた病はこりゃ 治りゃせぬよ

♪ほれた病も 治せば治る
  好いたお方とこりゃ 添やなおるよ


*****私見*****
日本一有名な「草津の湯」は兎に角熱い!ので、長くて平たい幅のある木の板でお湯をかき回す、「湯もみ」の際に唄われた作業唄です。
今では観光として行われており、その際にも唄われているので、多くの人が知っているのでは?
で、この唄のほかにも「湯もみ唄」ってのがあります。(草津の三つ物と言うそうです)
どちらも湯もみをする際には調子のいいリズム感のあるものですね。
posted by 晃両 at 17:40| 埼玉 ☁| 群馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

鹿児島浜節

♪鹿児島はなれて 南へ八里トコ よーいやさっさ(コラショイ)
  波に花咲く ヤサホイノ 吹上浜トコ よーいやさっさ
 (シテマータヨーイヤサ コラショイ)

♪鹿児島港〈みなと〉に 入船出船
  見ゆる桜島 蜜柑船

♪鹿児島でるときゃ 涙が出たが
  今じゃ東京で 笑い顔

♪島に も一度 渡らにゃならぬ
  植えた木もある 様もある

♪この地去っても 夢路に通う
  磯の浜風 桜島


***** 私見 *****
前半は追分調で、後半は小気味よく三味線が入った音頭調になるちょっと変わった唄です。
成り立ちについては色々と説があるようですが、大正時代の衆議院議員が芸妓に作らせたとか・・・なんとも粋なお大臣と言った風情が漂います。
その為なのか、ちょっと旅情的な雰囲気があってとても好きです。
posted by 晃両 at 21:55| 埼玉 ☁| 鹿児島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

ポンポコニャ

♪花の熊本 涼みがてらに 眺むれば
  オヤポンポコニャ 清水湧き出す水前寺
 少し下がればな オヤ画津湖〈えづこ〉の舟遊び
  オオサ ポンポコ ポンポコニャ

♪花の熊本 銀杏城から 眺むれば
  下は清正菩提所 少し 下がればな 横手の五郎さん

♪花の熊本 長六橋から 眺むれば
  下は白川 両芝居 少し 下がればな 本山渡し舟


***** 私見 *****
「ポンポコニャ」なんて変な題名ですが・・・あまり意味はなく単なるはやし言葉だそうです。
熊本の名所をただただ唄うだけなんですが、とても節回しも面白いと思います。宴会で地元自慢をするような感じでしょうか。
ちょっと小粋にお座敷のおねえさんの雰囲気で唄うといいのかな?
posted by 晃両 at 22:30| 埼玉 🌁| 熊本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒田甚句

♪日和山 沖に飛島 朝日に白帆
  月も浮かるる 最上川
  船はどんどん えらい景気
 今町舟場町〈いままちふなばちょ〉 興屋〈こや〉の浜 毎晩お客は
  どんどん シャンシャン
 シャン酒田は よい港 繁盛じゃおまへんか

♪海原や 仰ぐ鳥海 あの峰高し
  間〈あい〉を流るる 最上川
  船はどんどん えらい繁盛
 さすが酒田は大港 千石万石 横づけだんよ
 ほんまに酒田はよい港 繁盛じゃおまへんか

♪庄内の 酒田名物 何よと問えば
  お米にお酒に おばこ節
  あらまぁ ほんに すてき
 港音頭で 大陽気 毎晩お客は
  どんどん シャンシャン
 シャン酒田は よい港 繁盛じゃおまへんか


***** 私見 *****
酒田港の繁栄を歌ったもので、江戸時代の流行歌「おまへんか節」がもとだそうです。
「どんどん シャンシャン」と明るい曲調でお座敷の賑わいをよくあらわしていますが・・・東北の訛りというより関西のほうの訛りなところが、民謡らしく感じますね。船で関西のほうから来た人が酒田の繁盛ぶりに驚いて、そしてその賑わいをもっと楽しいものにするために唄われたのでしょうか。
posted by 晃両 at 22:18| 埼玉 🌁| 山形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

狭山茶作り唄

♪狭山よいとこ 銘茶の場所よ(ハァヤレヨレヤレヨレ)
  娘やりたや はぁ婿ほしや(ハァヨリコメヨリコメ)

♪お茶は芽が出る蚕は二眠
  連れて出るなら 今ここよ

♪宇治の銘茶と 狭山の濃茶
  出会いましたよ 横浜で

♪狭山街道にゃ 箒はいらぬ
  茶より茶摘みの 裾で掃く


***** 私見 *****
地元も地元。狭山、入間は狭山茶という銘茶といわれる産地です。おいらが小さい頃は絣の着物にたすきがけというスタイルでの茶摘みも見ることが出来たのですが、今ではイベントくらいでしか見ることが出来ません。
狭山茶は一番茶はあまりおいしくなくて、二番茶、三番茶がよく出ておいしいのですが、それを知らないでお茶を入れると・・・薄かったり濃すぎたりします。
また、歌詞に蚕が出てきますが、このあたりは養蚕も昔は盛んで、桑の木が沢山ありました。桑の木はかなり大きくなり、その実もおいしくて、よく木登りしていました。今では桑の木もほとんど見なくなりましたが・・・
養蚕で出来るのは、ご存知の通り「絹」です。
この辺りには、お茶にまつわる唄と機織りに関連する唄がいくつかありますので、今後紹介できたらと思います。
posted by 晃両 at 22:16| 埼玉 ☀| 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。