2010年09月30日

十日町小唄
作詞:永井白ビ 作曲:中山晋平

♪越後名物 数々あれど
  明石ちぢみに 雪の肌
 着たら放せぬ 味の良さ
 テモサッテモ ソジャナイカ テモ ソジャナイカ


♪娘ざかりを なじょして暮らす
  雪に埋れて 機仕事
 花の咲く間じゃ 小半年


♪窓にさらさら 粉雪の音
  聞いて眠れぬ 夜もすがら
 やるせないぞや 雪明かり


♪人が見たらば 横丁へよけて
  雪のトンネル 隠れ場所
 恋の抜け道 まわり道


♪雪が消えれば 越路の春は
  梅も桜も 皆開く
 わしが心の 花も咲く


♪屋根の雪なら 下ろしもさりょが
  恋の重荷を 何としょう
 私しゃ苦労が 増すばかり


♪玉の汗にも ちぢまぬ明石
  着れば透きます 雪の肌
 本場越後の 十日町


♪雪の夜がたり 囲炉裏に更けて
  帰しともない 人がある
 ままよ積もるなら 一二丈


♪汽車を止めるよな 吹雪の中も
  止めて止まらぬ 恋の道
 思いつめれば 一筋に ※


♪影は紫 夜明けの色の
  晴れりゃ輝く 銀世界
 雪に野山の厚化粧


♪雪の半年 閉ざした窓を
  開けりゃ浮き立つ 春の歌
 小鳥ばかりに 任さりょか


♪逢いはせなんだか 十日町橋で
  長さ六丁の 行き戻り
 恋か涼みか 夜を更かす


♪霜が早いか 越後の紅葉
  色も濃くなる 初めから
 思い染めたが 無理かいな


♪桐を育てりゃ 嫁入り箪笥
  植えて楽しむ 花ざかり
 娘ざかりも 直きに来る


♪山と山との 谷あいなれば
  月は遅う出て 早う落ちる
 踊り踊るなら 早うござれ


♪おいでましたか 谷街道を
  夏は若葉の 青あらし
 秋は紅葉の 綾にしき


♪月の小窓に 瞼の母を
  思い浮かべりゃ 雁の声
 夜機織る 娘は袖しぐれ


♪秋の眺めは 八箇の紅葉
  燃えて染めます 谷の水
 様の心の 色見たや




***** 私見 *****
父の実家である魚沼から近い十日町。(とはいっても山をいくつかこえなきゃなりませんけど)

この十日町小唄は昭和4年、明石ちぢみのコマーシャルソングとして作られた新民謡です。
同じ新潟でも海沿いと山沿いでは、まったく気候が違います。新潟ときくと豪雪地帯と思う方も多いかもしれませんが、それは山沿いなのです。
この民謡の生まれ故郷、十日町も山の中で豪雪地帯です。
その豪雪の雰囲気がよく出た歌詞が多いと思います。
音程を取るのが難しい曲ではありますが、なかなか情緒がありますね。

民謡には「おばこ」など娘さんを唄ったものが数多くありますが、この唄もその一つかと思います。
11月ごろ雪が降り始め、5月まで雪の残る新潟の山間部。そのほぼ半年に及ぶ雪の中での生活は、めぐり来る季節を楽しみにしていたのかもしれません。


posted by 晃両 at 11:37| 埼玉 ☁| 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

岩室甚句

♪おらがやぁ 若いとき
 弥彦詣りをしたればナァー(ハ ヨシタヤ ヨシタヤ)
 馴染〈なじょ〉が見つけて 寄りなれと言うたども
 嬶がいたれば 返事がならぬ(ハ ヨシタヤ ヨシタヤ)
☆「若いとき」の後に「カカと二人で」と昔は入ったようです

♪蝸牛(だいろ)やぁ 蝸牛 蝸牛 角出せ蝸牛 
 角を出さぬと 曽根の代官所へ 申し上げるが いか蝸牛

♪村のやぁ 子どもと 良寛様は
 日暮れ忘れて アノ かくれんぼ

♪石瀬やぁ 岩室 片町ゃ山だ
 前の濁り川 すっぽん 亀の子 どじょうが住む

♪石瀬やぁ 出てから 久保田の橋で
 雨も降らぬに アノ 袖しぼる

♪石瀬やぁ 岩室 樋曽(ひそ)三ヶ村
 中の岩室 アノ ままならぬ

♪おらがやぁ 若いとき 一筆啓上 しからばそののち
 ことしきさらりと ちんちょちんちょと書いたる文を
 嬶に読まれて あの手が下がる

♪お湯のやぁ 岩室 踊りに更けて
 月に浮かんだ あの弥彦山


***** 私見 *****
岩室温泉のお座敷唄です。
岩室は弥彦神社へ参詣する際の宿場であったそうです。
2番にある「だいろ」つまりカタツムリですが、これは農民のことだそうで、「つの」は年貢だとか。

お囃子の「ヨシタヤ」ですが・・・
「よぉしたなやぁ」という訛り言葉のようです。
標準語だと「よくやったなぁ」になるのかな?違うかも・・・
posted by 晃両 at 14:05| 埼玉 ☁| 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

両津甚句

♪はぁ えぇ 両津欄干橋やエー 真ん中から折りよと コラサッサ
  舟で通うてもヨンヤァやめりゃせぬ ハァ リャント リャント リャント

♪松になりたや御番所の松に 枯れて落ちても離りゃせぬ

♪松になりたや御番所の松に 枯れて落ちても双葉づれ

♪両津橋から木崎が見える 見える木崎の森恋し

♪烏賊場漁師は心から可愛い 命帆にかけ浪枕

♪いとしお方を乗せて出船 今朝はにくいよおけさ丸

♪両津港に朝立つ虹は 主をやらずの雨となる

♪思うて来たかよ思わで来りょか 三沢四沢〈みさわよさわ〉の沢越えて

♪しんと更けたる世はこわござる 烏賊が啼きます船底で

♪いやだいやだよ御番所は 掃部お松が出て招く

2008/11/18 追記
♪水も好くよな加茂湖の月よ 誰が投げたか空にある
♪佐渡の金北山はおしゃれの山よ いつも加茂湖に水鏡

***** 私見 *****
佐渡の民謡です。
明治34年に夷町と湊町が合併して両津町になった事もあって、その昔、夷(えびす)にあった「夷甚句」と湊(みなと)にあった「湊甚句」が大正の頃に整理され、両津甚句になりました。
佐渡の娘さんが旧家の男性への思い焦がれていたそうで、その思いが綴られているというお話と、遊女がお客である漁師などを思って唄ったものというお話があります。
最後の歌詞は、このほかにある伝承で「お松」という女性が殺されたというお話があるそうです。

新潟の人たちは、佐渡を誇りに思っているのかな?うちの父がそうなんですけど。うちの父は、佐渡から遠く離れた魚沼なんですけどね・・・

お囃子の「リャント」
文字にしてみて気がついたんですけど・・・
「両」という字、「リャン」って読みません?(って麻雀の知識ですけど)
なんか意味がありそうな、なさそうな??
posted by 晃両 at 13:57| 埼玉 ☀| 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

三階節

♪柏崎から椎谷まで 間〈あい〉
  荒浜荒砂芥の渡しがなかよかろ
 はぁ なかよかろ間に
  荒浜荒砂芥の渡しがなかよかろ

♪米山さんから雲が出た 今に
  夕立がくるやら ピッカラチャッカラ ドンガラリンと 音がする
 はぁ 音がする 今に
  夕立が来るやら ピッカラチャッカラ ドンガラリンと 音がする

♪高い山から 谷見れば お万
  お万がかわいや 染め分けたすきで布さらす
 はぁ 布さらす お万
  お万がかわいや 染め分けたすきで布さらす

***** 私見 *****
三味線は「三下がり」という調子合わせの曲の割には明るい曲調だと思います。
一番と二番では間がちょっと違っていて、唄う人は慣れるまで大変かな?
二番の歌詞が印象的で一度耳につくと、なかなか忘れられない曲です。
posted by 晃両 at 12:57| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。