2006年04月14日

新相馬節

♪はぁ はるか彼方は 相馬の空かよ なんだこらようと(ハァ チョイチョイ)
  相馬恋しや懐かしや なんだこらようと(ハァ チョイチョイ)

♪はぁ 秋の夜寒に 針の手止めてよ なんだこらようと
  主〈ぬし〉の安否を思い出す なんだこらようと

♪はぁ 待つ夜の長さを四五尺つめてよ なんだこらようと
  逢うた〈おうた〉その夜に伸ばしたい なんだこらようと

♪はぁ 情けないぞや 今朝降る雪はよ なんだこらようと
  主の出船も見え隠れ なんだこらようと

♪はぁ ほろり涙で風呂焚く嫁御よ なんだこらようと
  煙いばかりじゃ ないらしい なんだこらようと

♪はぁ 当座の花なら 何故このよによ なんだこらようと
  かたいわたしを 迷わせた なんだこらようと

♪はぁ 惚れたが私の身のあやまりか なんだこらようと
  どんな無理でもいわしゃんせ なんだこらようと

♪はぁ 鴎の啼く音に 窓の戸あけてよ なんだこらようと
  聞けば松風 波の音 なんだこらようと

♪はぁ 心の迷いか 未練のせいか なんだこらようと
  だれもが貴方に 似て見える なんだこらようと
2007/04/08 追記

***** 私見 *****
「新」とつくからにはただの「相馬節」もあるわけですが・・・こちらのほうがよく聴かれると思います。
なんだか色っぽい歌詞が多いんですが、1つ嫁いびりと取られる歌詞が・・・(風呂焚きの歌詞)
でも、この1つだけというのがおいらには嫁いびりには思えないんです。
単身赴任している夫というのは、昔の田舎ではよくあったことだと思うんですね。出稼ぎだったり、漁にでたり・・・色々な理由で。
新婚でもそういった事情で旦那さんが遠くにいる事だってあって、それを唄っているんだと感じますが、皆さんはどう感じますか?


posted by 晃両 at 12:57| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。