2010年09月30日

十日町小唄
作詞:永井白ビ 作曲:中山晋平

♪越後名物 数々あれど
  明石ちぢみに 雪の肌
 着たら放せぬ 味の良さ
 テモサッテモ ソジャナイカ テモ ソジャナイカ


♪娘ざかりを なじょして暮らす
  雪に埋れて 機仕事
 花の咲く間じゃ 小半年


♪窓にさらさら 粉雪の音
  聞いて眠れぬ 夜もすがら
 やるせないぞや 雪明かり


♪人が見たらば 横丁へよけて
  雪のトンネル 隠れ場所
 恋の抜け道 まわり道


♪雪が消えれば 越路の春は
  梅も桜も 皆開く
 わしが心の 花も咲く


♪屋根の雪なら 下ろしもさりょが
  恋の重荷を 何としょう
 私しゃ苦労が 増すばかり


♪玉の汗にも ちぢまぬ明石
  着れば透きます 雪の肌
 本場越後の 十日町


♪雪の夜がたり 囲炉裏に更けて
  帰しともない 人がある
 ままよ積もるなら 一二丈


♪汽車を止めるよな 吹雪の中も
  止めて止まらぬ 恋の道
 思いつめれば 一筋に ※


♪影は紫 夜明けの色の
  晴れりゃ輝く 銀世界
 雪に野山の厚化粧


♪雪の半年 閉ざした窓を
  開けりゃ浮き立つ 春の歌
 小鳥ばかりに 任さりょか


♪逢いはせなんだか 十日町橋で
  長さ六丁の 行き戻り
 恋か涼みか 夜を更かす


♪霜が早いか 越後の紅葉
  色も濃くなる 初めから
 思い染めたが 無理かいな


♪桐を育てりゃ 嫁入り箪笥
  植えて楽しむ 花ざかり
 娘ざかりも 直きに来る


♪山と山との 谷あいなれば
  月は遅う出て 早う落ちる
 踊り踊るなら 早うござれ


♪おいでましたか 谷街道を
  夏は若葉の 青あらし
 秋は紅葉の 綾にしき


♪月の小窓に 瞼の母を
  思い浮かべりゃ 雁の声
 夜機織る 娘は袖しぐれ


♪秋の眺めは 八箇の紅葉
  燃えて染めます 谷の水
 様の心の 色見たや




***** 私見 *****
父の実家である魚沼から近い十日町。(とはいっても山をいくつかこえなきゃなりませんけど)

この十日町小唄は昭和4年、明石ちぢみのコマーシャルソングとして作られた新民謡です。
同じ新潟でも海沿いと山沿いでは、まったく気候が違います。新潟ときくと豪雪地帯と思う方も多いかもしれませんが、それは山沿いなのです。
この民謡の生まれ故郷、十日町も山の中で豪雪地帯です。
その豪雪の雰囲気がよく出た歌詞が多いと思います。
音程を取るのが難しい曲ではありますが、なかなか情緒がありますね。

民謡には「おばこ」など娘さんを唄ったものが数多くありますが、この唄もその一つかと思います。
11月ごろ雪が降り始め、5月まで雪の残る新潟の山間部。そのほぼ半年に及ぶ雪の中での生活は、めぐり来る季節を楽しみにしていたのかもしれません。


【関連する記事】
posted by 晃両 at 11:37| 埼玉 ☁| 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。