2012年11月16日

秩父音頭

♪はぁえぇ 花の長瀞 あの岩畳
  花の長瀞 あの岩畳(コラショ)
 誰をナ 誰を待つやら アレサ 朧月

☆とりあえず、一番有名そうなものだけ載せてみました。
 他にも沢山歌詞がありますので、徐々に載せていきます。ご了承ください。


2012/11/16 追記
♪鳥も渡るかあの山超えて 雲のさわたつ奥秩父
♪一目千本万本咲いて 霞む美の山 花の山

♪秋蚕〈あきご〉仕舞う〈しもう〉て 麦まき終えて 秩父夜祭 待つばかり
※この歌詞が唄われると秩父音頭は終わりという合図になります。


***** 私見 *****
言わずと知れた地元の盆踊り唄。それなのによく知らないのだ。
地元では、あちこちの夏祭りの盆踊りで必ず踊られる。でも、小さい子にはこの踊りがちと難しいらしい。

最近では小沢千月師の唄が有名で、小沢師が唄う秩父音頭は、はじめに
♪おらが方じゃこうだよっと
  おっかしけりゃ お笑いな
 くやしきゃ 皆でやってみっと ア コラ ア コラ コラショット

とはいっているが、盆踊りでかかるものには殆どはいっていない。
この部分は、唄囃子というもので、このほかにも色々なものがあり、唄の途中に様々に入る。
この唄囃子がはいると盆踊りでは踊りにくいような気がする・・・ので多分、唄囃子が入るのは宴会とかなんじゃないかなぁ?なんて勝手に考えている。


***** 私見追記(2012/11/16) *****
去年8月、秩父音頭まつりというのがあることを知り、それがきっかけで「秩父音頭講習会」なるものに参加するようになりました。
「正調」の唄、踊り、囃子(太鼓・笛・鉦)のそれぞれの部門で講習が月に1回、1年に10回の講習です。
1年で終わってもいいのですが、何年も通っている方もいらっしゃいます。
全ての部門をじゅんぐりにという方も見受けられます。
そして、8月のお祭りで披露します。

歌詞もたくさんありますが、同じように唄囃子もたくさんあります。
気が向いたら、また更新しますね
posted by 晃両 at 14:24| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋田人形甚句

♪(キタカサッサー アエー)
囃子 はずめば(ハイハイ) 浮かれて 踊る
(キタカサッサー アエー)
踊る人形の(ハイハイ) キタカサッサー 品の良さ

♪どこになびくか あの糸柳
  風の吹くたび キタカサッサー 気にかかる

♪好きになったら 惚れてもみるが
  惚れてふられりゃ キタカサッサー 恥ずかしい

♪黄金花咲く 秋田の里の
  人形甚句の キタカサッサー 程の良さ


***** 私見 *****
軽快なリズムで大好きです。
人形甚句は、大道芸の人形芝居につけられた唄のようです。
そのわりに恋心みたいな歌詞が…ってか、人形芝居の内容がそんなだったのでしょうかね?

唄い方としては、今回は入れていませんが、歌詞の中に「アラ」とか「ありゃ」とかが入る歌い方もあります。若干字配りは変わりますが、リズムの取り方は同じで間が変わることはありません。
出だしが高いところから出るので、いきなり苦しい唄い方をするとあまり良くないと感じながらも、思うようにできない自分が情けないorz
posted by 晃両 at 14:17| 埼玉 ☔| 秋田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

十日町小唄
作詞:永井白ビ 作曲:中山晋平

♪越後名物 数々あれど
  明石ちぢみに 雪の肌
 着たら放せぬ 味の良さ
 テモサッテモ ソジャナイカ テモ ソジャナイカ


♪娘ざかりを なじょして暮らす
  雪に埋れて 機仕事
 花の咲く間じゃ 小半年


♪窓にさらさら 粉雪の音
  聞いて眠れぬ 夜もすがら
 やるせないぞや 雪明かり


♪人が見たらば 横丁へよけて
  雪のトンネル 隠れ場所
 恋の抜け道 まわり道


♪雪が消えれば 越路の春は
  梅も桜も 皆開く
 わしが心の 花も咲く


♪屋根の雪なら 下ろしもさりょが
  恋の重荷を 何としょう
 私しゃ苦労が 増すばかり


♪玉の汗にも ちぢまぬ明石
  着れば透きます 雪の肌
 本場越後の 十日町


♪雪の夜がたり 囲炉裏に更けて
  帰しともない 人がある
 ままよ積もるなら 一二丈


♪汽車を止めるよな 吹雪の中も
  止めて止まらぬ 恋の道
 思いつめれば 一筋に ※


♪影は紫 夜明けの色の
  晴れりゃ輝く 銀世界
 雪に野山の厚化粧


♪雪の半年 閉ざした窓を
  開けりゃ浮き立つ 春の歌
 小鳥ばかりに 任さりょか


♪逢いはせなんだか 十日町橋で
  長さ六丁の 行き戻り
 恋か涼みか 夜を更かす


♪霜が早いか 越後の紅葉
  色も濃くなる 初めから
 思い染めたが 無理かいな


♪桐を育てりゃ 嫁入り箪笥
  植えて楽しむ 花ざかり
 娘ざかりも 直きに来る


♪山と山との 谷あいなれば
  月は遅う出て 早う落ちる
 踊り踊るなら 早うござれ


♪おいでましたか 谷街道を
  夏は若葉の 青あらし
 秋は紅葉の 綾にしき


♪月の小窓に 瞼の母を
  思い浮かべりゃ 雁の声
 夜機織る 娘は袖しぐれ


♪秋の眺めは 八箇の紅葉
  燃えて染めます 谷の水
 様の心の 色見たや




***** 私見 *****
父の実家である魚沼から近い十日町。(とはいっても山をいくつかこえなきゃなりませんけど)

この十日町小唄は昭和4年、明石ちぢみのコマーシャルソングとして作られた新民謡です。
同じ新潟でも海沿いと山沿いでは、まったく気候が違います。新潟ときくと豪雪地帯と思う方も多いかもしれませんが、それは山沿いなのです。
この民謡の生まれ故郷、十日町も山の中で豪雪地帯です。
その豪雪の雰囲気がよく出た歌詞が多いと思います。
音程を取るのが難しい曲ではありますが、なかなか情緒がありますね。

民謡には「おばこ」など娘さんを唄ったものが数多くありますが、この唄もその一つかと思います。
11月ごろ雪が降り始め、5月まで雪の残る新潟の山間部。そのほぼ半年に及ぶ雪の中での生活は、めぐり来る季節を楽しみにしていたのかもしれません。
posted by 晃両 at 11:37| 埼玉 ☁| 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

吾野機織唄

♪わたしゃ 吾野の機屋の娘 思い(ハァ イッタン)
  思い一筋 恋の糸 トーカナンダイ

♪機が織れない 機神様よ どうか
  どうかこの手の あがるよに

♪待てど帰らぬお方と知りつ 今日も
  今日もくるくる 糸車

♪川の流れと 吾野の機は くめど
  くめど尽きせぬ 情がある

♪糸は千本 切れても継なぐ 切れた
  切れた情けは つながれぬ

♪泣いて心が 晴れますならば わしも
  わしも泣きたいことがある

♪泣いて暮らせば 月日も長い 唄で
  唄で暮らせば 夢のようだ



***** 私見 *****
吾野は埼玉県飯能市になるのかな??
埼玉の西部はその昔養蚕が盛んだった様です。おいらが子供の頃は桑畑も沢山あり、大きくなった桑の木に登って桑のみをほおばったこともありました。
養蚕があるのなら、もちろん絹織物もその周辺で作られていたことでしょうし、その機織の唄もあちこちにあります。

吾野機織唄はそのひとつ。
埼玉を代表する民謡歌手、小沢千月師が発掘したと聞いています。

機織ですから、女性の視点での歌詞が多く、そのほとんどがなんとも切ない感じがします。
posted by 晃両 at 15:30| 埼玉 ☔| 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

宮津節

♪二度と行くまい丹後の宮津
  縞の財布が空になる 空になる (丹後の宮津でピンと出した)
☆行くまい を 行こまい とするところもあります。
☆最後の繰り返しは、以降の歌詞では省略します。

♪逢えて嬉しや別れのつらさ 逢えて別れが無けりやよい

♪二度行こまいとは昔の唄よ 二度も三度も寄りゃしゃんせ

♪天橋立日本一よ 文殊菩薩に知恵の餅

♪行こか戻ろか橋立なぎさ いとし宮津の灯がまねく

♪月が出ました 黒崎沖に 金波銀波が鼓打つ

♪月が出ました橋立沖に 金波銀波の与謝の海

♪縞の財布が思いの種で 二度行くまいとて三度来た

♪空の財布が思いの種で 二度行くまいとて三度来た

♪今日は帰ろと橋立見れば とまれとまれと啼く鴎

♪雨の降る灯は傘松下で 二人成相与謝の海

♪天橋立松青々と 汲んでみせたい磯清水

♪唄の宮津は入船出船 恋のかけ橋一文字

♪丹波日吉と若桜小浜 結ぶ線路はいつ通る

♪惚れてつまらぬ他国の人に 末は烏の泣き別れ

♪わしとお前は御蔵の米よ いつか世に出てままとなる

===== 字余り =====
♪京の金閣寺を 拝見なしたか ご覧(ろ)うじなしたか
  楠天井の 一枚板ではないか 萩の違い棚 南天床柱 名所名所

♪早野堪天さん 蓑着て笠着て鉄砲かたげて 火縄に火をつけ 猪撃ち御商売
  二十四が前厄 三十が命の終り 可愛い お軽さん すこぶる別嬪
  誠にきれいな若後家で 夫に別れて泣いた泣いた 可愛そ可愛そ

♪可愛いけりゃこそ 蛇の目傘の小骨の数ほど 通うた
  なぜに届かぬわしの胸 丹後の宮津でピンとだした 可愛そ可愛そ


===== 唄囃し =====
♪丹後縮緬 加賀の絹 仙台平やら南部縞 陸奥の米沢 いとこくら 丹後の宮津でピンと出した
♪丹後の縮緬加賀の絹 仙台平には南部縞 陸奥の米沢 江戸小倉 丹後の宮津でピンと出した




***** 私見 *****
なかなかに調子(テンポ)のいい唄です。
「丹後の宮津」とはどうも丹後にあった遊郭の店の名前のようです。
有名な唄囃「丹後縮緬 加賀の絹・・・」のくだりですが、着物の生地だと思うのです。(って当たり前ですな)
で、「糸こくら」とか「江戸 小倉(こくらではなく、おぐらと発音しているものもあるようです)」は色々な解釈がされているようです。というか、本当はどのように唄われていたのかがわからなくなっているのだと思います。
posted by 晃両 at 12:07| 埼玉 ☔| 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

灘の酒造り祝い唄
作曲:遠藤実 作詞:星野哲郎

♪心清めて 柏手打って
臼の抜ける程 ついてついておくれ (ハア ドッコイ ドッコイ)
米が白けりゃ お酒もうまい
あとは親方さんのよ 腕次第 (ハア ドッコイ ドッコイ)
正月門にはな 松が立つよ
二月初午な 馬が立つよ (ハア ドッコイ ドッコイ)

♪向こう鉢巻 いなせな喉を
灘の娘が ちょいと来てのぞく
女入れない 酒蔵なれど
ほんに親方さんはよ 色男
三月節句はな ひなが立つよ
四月八日はな 釈迦が立つよ

♪祝儀袋を サラシに巻いて
戻る越路の 出稼ぎ峠
酒をみやげに 嫁ごも連れて
ほんに親方さんはよ うれしかろ
霜月畑のな 霜が立つよ
師走炬燵のな 足が立つよ

囃子
アラ鶴さん御門に 巣をかけりゃ
亀さん御庭で 舞い遊ぶ
ハア ドッコイ ドッコイ ドッコイナ



***** 私見 *****
酒つくりに関する民謡は種類も沢山あります。酒造りの工程ごとにその作業に合わせて唄われたそうです。
唄うことによって、作業時間を計ったり、数人での作業のタイミングを計ったり、工程の進み具合をみんなで共有したりといったことをしたそうです。

灘は酒造りとしても有名ですが、白鶴酒造のサイトでは、灘に伝わる酒つくりの唄は7種類だそうで、ここに「祝い唄」というのは載っていません。(保存会のサイトにもありませんでした)
ですので、この灘の酒造り祝い唄は、どうも新民謡のように思います。

新潟や秋田といった酒所にも多くの酒造りに関する唄があります。
酒屋唄やもとすり、米とぎなども酒造りに関する唄ですね。

この唄に祝い唄ですが…
祝い唄と言うだけあって、縁起の良い歌詞が並んでいます。
一番が1月と2月、二番が3月と4月…最後に11月と12月となっているので、途中の5月から10月に対する歌詞があるかと探したのですが…
今のところ見つけられませんでした(>_<)
もしご存知の方、教えていただきたいです。
posted by 晃両 at 10:34| 埼玉 ☔| 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

男なら(オーシャリ節)

♪男なら お槍担いで お中間となって 付いて行きたや下関
 国の大事と聞くからは 女ながらも武士の妻
  まさかの時には締め襷 神功皇后の雄々しき姿が 鑑じゃないかな
 オーシャリシャリ

♪女なら 京の祗園か長門の萩よ 目もと千両で鈴をはる
 と云うて国に事あらば 島田くずして若衆髷
  紋付袴に身をやつし 神功皇后のはちまき姿が 鑑じゃないかな
 オーシャリシャリ

♪男なら 三千世界の鳥を殺し 主と朝寝がしてみたい
 酔えば美人の膝枕 醒めりゃ天下を手で握り 咲かす長州桜花
  高杉晋作は男の男よ 傑いじゃないかな
 オーシャリシャリ


***** 私見 *****
幕末に唄われたもので、民謡にしては珍しい曲調と歌詞だと思います。作業唄などのように本当に庶民の生活から生まれた民謡というより、士気を鼓舞するような曲です。

3番の高杉晋作の歌詞は・・・あとから付け加えられた感じがしますね。
posted by 晃両 at 15:37| 埼玉 ☁| 山口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

貝殻節
作詞:松本穣葉子

♪何の因果で 貝殻こぎなろうた カワイヤノカワイヤノ
  色は黒なる 身は痩せる
 ヤサホーエーヤ ホーエヤエー ヨイヤサノサッサ
 ヤンサーノエー ヨイヤサノサッサ

♪戻る船路は櫓櫂が勇む 愛し妻子が待つほどに
♪浜村沖から貝殻が招く 嬶〈かか〉よ飯〈まま〉炊け 出にゃならぬ
♪帆立貝なら帆立てて行こよ 私しゃあなたの身を立てる
♪押せよ押せ押せ港が見える 押せば港が近くなる
♪押せや押せ押せ二梃櫓で押せや 押せば港が近くなる
♪小さい時から貝殻漕ぎなろうた 今じゃ舵取りとも櫓とり
♪忘れられよか情もあつい あの娘浜村お湯育ち


***** 私見 *****
この貝殻、何の貝殻って、ホタテです。
貝殻節には色んな説があるようで、武士が漁師の娘に恋をして貝殻漕ぎになったとか・・・
今でも鳥取ではホタテが取れるのでしょうかね?明治の頃にはかなりの漁獲量だったようですけど。

漁師唄ですんで、作業唄です。ホタテをとるのは地引網のようなものだったそうで、この網を引くときの景気付けに唄われたのがこの貝殻節のようです。

で、最近では「元唄貝殻節」ってのがありますね。
歌詞にも出てくるんですが、浜村って場所がありますが、元々貝殻節はこの浜村だけではなく近隣の漁場ではよく歌われていたもののようです。そのため微妙に歌詞やメロディーの違う貝殻節が沢山あったものと思われます。
「エンヤトット」のリズムで唄うと漁師唄っぽくなると思うんですが・・・あまりそういう唄い方をする人、いないような気がするんですが?どっちかというとお座敷唄みたいと感じていました。
不思議に思っていたのですが・・・どうも吉永小百合さんの映画?ドラマ?舞台?かなにかが影響しているような気がします。
貝殻節で検索したら「夢千代日記」なる吉永小百合さんが演じた芸者さんがお座敷で唄い踊ったそうです。
そのせいかどうかは定かではありませんが、歌詞の割には勇ましさを感じる唄ではないというのがありますね。
posted by 晃両 at 13:35| 埼玉 ☁| 鳥取 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

日光山唄
作詞/作曲:金子嗣憧

♪はぁ 男体お山をよ 紅葉が飾りゃ
  馬子も小粋なよ はぁ 紅緒笠よ

♪はぁ 黄金造りのよ あの東照宮は
  国の宝のよ はぁ 守り神よ

♪はぁ 華厳大滝よ 花散るしぶき
  谷にゃとび交う はぁ 岩つばめよ


***** 私見 *****
日光って・・・山なんですね。
まぁ、竜頭の滝とか華厳の滝とかがあるので山なんですが。
日光は小学校6年生の修学旅行の地でありました。
修学旅行での思い出は曖昧ですが、好きな場所のひとつで、車の免許を取ってからは何度もドライブに行きましたっけ。

日光和楽とは違って、荘厳なイメージの唄です。
日光の名所、男体山、東照宮、華厳の滝が唄いこまれまさに日光を唄っていますね。
posted by 晃両 at 16:09| 埼玉 ☁| 栃木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩室甚句

♪おらがやぁ 若いとき
 弥彦詣りをしたればナァー(ハ ヨシタヤ ヨシタヤ)
 馴染〈なじょ〉が見つけて 寄りなれと言うたども
 嬶がいたれば 返事がならぬ(ハ ヨシタヤ ヨシタヤ)
☆「若いとき」の後に「カカと二人で」と昔は入ったようです

♪蝸牛(だいろ)やぁ 蝸牛 蝸牛 角出せ蝸牛 
 角を出さぬと 曽根の代官所へ 申し上げるが いか蝸牛

♪村のやぁ 子どもと 良寛様は
 日暮れ忘れて アノ かくれんぼ

♪石瀬やぁ 岩室 片町ゃ山だ
 前の濁り川 すっぽん 亀の子 どじょうが住む

♪石瀬やぁ 出てから 久保田の橋で
 雨も降らぬに アノ 袖しぼる

♪石瀬やぁ 岩室 樋曽(ひそ)三ヶ村
 中の岩室 アノ ままならぬ

♪おらがやぁ 若いとき 一筆啓上 しからばそののち
 ことしきさらりと ちんちょちんちょと書いたる文を
 嬶に読まれて あの手が下がる

♪お湯のやぁ 岩室 踊りに更けて
 月に浮かんだ あの弥彦山


***** 私見 *****
岩室温泉のお座敷唄です。
岩室は弥彦神社へ参詣する際の宿場であったそうです。
2番にある「だいろ」つまりカタツムリですが、これは農民のことだそうで、「つの」は年貢だとか。

お囃子の「ヨシタヤ」ですが・・・
「よぉしたなやぁ」という訛り言葉のようです。
標準語だと「よくやったなぁ」になるのかな?違うかも・・・
posted by 晃両 at 14:05| 埼玉 ☁| 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。